「tasksel」によるインストール後の一括サーバー構築

ubuntuにおける管理者権限

ubuntuで管理者権限の作業を行うには「sudo」コマンドを使います。
今までのOS(Vine Linux、openSUSE)では「su -」コマンドで管理者(スーパーユーザー)になっていたので違和感がありました。

ubuntuのポリシーに反しますが、rootパスワードを設定し、「su -」を使えるようにすることも出来ます。その際には「PAM」と呼ばれる認証方式をカスタマイズしたほうが良いでしょう。詳しくは参照サイト様をご覧下さい。

先ずはシステムのアップデートを適用

設定を色々行う前に、システムのアップデートを一通り行います。
ubuntu serverではシステムのパッケージ管理ツールとして「apt-get」と「aptitude」のふたつが使えます。当サイトでは「aptitude」を使用します。

システムのアップデートを行うには以下のコマンドを入力します。

sudo aptitude update
sudo aptitude safe-upgrade

環境によっては結構な時間が掛かる場合があります。のんびり待ちましょう。

taskselでの一括インストール

インストールの途中でサーバー上で動作させるサービスを選択する画面があったかと思います。あの画面は、インストール後も「tasksel」コマンドで呼び出すことが出来ます。つまり後からでもサービスのセットアップが出来ます。

sudo tasksel

必要なサービスにはチェックを入れて「OK」を選択しましょう。ここでは

  • LAMP server
  • DNS server
  • Mail server
  • OpenSSH server

が選択されているかどうか確認してみて下さい。
選択されていなかった場合、ここでチェックを入れて「OK」すると、必要なパッケージ類を一括でインストールおよびセットアップしてくれます。

参考サイト様

“「tasksel」によるインストール後の一括サーバー構築” への1件のコメント

  1. ピンバック: このブログについて « SkyGarden出張所

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です